装置の高機能化

最近の自動車部品組付け機械を見るとセンサー、バーコード、カメラ等を使い、
製品の誤品、品質などの管理がしっかりされるように高度な部品を使っております。
今回、インパネティアカット機では、刃物の欠けを1工程ごとに異常を管理するため
高度なカメラを取り付けました。また、製品管理はバーコードリーダーにて読み込みを
行い、履歴管理も行われています。

LEXUS_LXインパネティアカット機に使用した主な部品

カメラ     キーエンス     XG-H200M
レンズ     VSテクノロジー  VS-TCM03-150
バックライト  CCS       TH-100*100BL
ロボシリンダ  IAI       3軸直行ロボット
バーコード   キーエンス     HR-100
サーボモーター 三菱電機      GV-SHYB-RL
インバーター  三菱電機      FR-P720-0.4K-C
カラーセンサ  キーエンス     CZ-H37S、CZ-V21A

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す